勉強方法は色々!WEBライティング技能検定の合格を目指して

勉強方法は色々!WEBライティング技能検定の合格を目指して

仕事

WEB業界での仕事が人気!

在宅ワークが可能なWEB業界では、「子供が小さいうちはできれば家にいたい」「育児と家事そして仕事を両立したしたい」という主婦からも注目されています。WEB業務の在宅ワークの魅力は、インターネット環境とパソコンがあればいつでも、どこでも仕事ができるという点です。WEBデザイナーやプログラマーなどがありますが、その中でもWEBライティングは比較的スタートしやすい仕事です。

どのようなことを学べばいいのか

WEBライティングの仕事をはじめる、今まで何となくライティングをしたことがあっても本格的に仕事として始めたいというときには「WEBライティング技能検定」を学んでみることからはじめてみることがおすすめです。
WEBライティング技能検定を学ぶことによって
・文章の書き方・作成方法
・文章の表現方法
といったライティングするために必要な要素を学ぶことができます。

合格を目指すための勉強法

WEBライティング技能検定を合格を目指すには、過去問を参考にしながら「文章作成の力」をつけ、「表現や助詞の正しい使い方」を学んでいきます。とくに、文章の表現や助詞の使い方など自己流で作成していた人ほど勘違いしていることが多いです。不明な点はテキストで確認しながら、自分の解答と模範解答を見比べながら「文章構成」と「文章の内容」を見比べ文書を作成するときのイメージを掴んでいきます。文章作成を何度も練習することによって、作成能力をアップさせていきます。

WEBライティング技能検定が仕事に役立つ理由・ベスト5

no.1

自分のWEBライターとしてのスキルを証明できる

WEBライティング技能検定に合格すると自分のライターとしてのレベルを明確にすることができます。受注する側にとってはっきりとスキルを証明されることによって「仕事を依頼して安心できるライター」として認識してもらうことができ、仕事の継続にも繋げることができます。

no.2

優先的によりよい案件を受けることができる

ライティング業務は何の資格がなくてもインターネット環境とパソコンがあればスタートすることができます。ところが知識や経験がなければ得られる仕事は限られ、得られる収入も安価なものばかりです。WEBライティング技能検定の資格を取得していると、受注する側も安心して仕事を依頼することができるため優先的に仕事を受けることができます。

no.3

どのよう仕事をするか、依頼者などを知ることができる

「自宅にパソコンがあってインターネットに繋がっている」「文字の入力はすることができる」などができてもWEBライターとして在宅ワークをしたいといっても何からはじめて良いかわからない人も少なくありません。WEBライティング技能検定では、ただ文字を入力するだけでなく、文書力や構成方法、WEBライターとしてのマナーなどを学ぶことができます。

no.4

在宅ワークが可能になる

家で仕事をしたいというときには、かつてはシール貼りやティッシュのチラシ挿入などの内職が主流でした。ところが内職からWEBライターという新しい働き方が注目されています。子供が小さいから、介護があるのでなど人それぞれ外で働けない事情があります。WEBライターならば家に居ながら高収入を得ることも可能になります。

no.5

働き方を変えることができる

地域によっては仕事に限りがあったり、自分の希望の条件の仕事を探すことが難しい場所もあります。WEBライターは、自宅だけでなくインターネット環境とパソコンさえあればカフェなど好きな場所で仕事をすることができます。自分の都合がよい時間に働くことができ時間を有効活用することができます。

ライティングに必要なスキル&テクニックの代表例

文章の作成力をアップする

・誤字脱字
・言葉の使い方が間違っている
・間違った表現
など折角作成した文章が違っていたら伝わるものも伝わりません。文章力をアップするには、伝えたいことを意識するだけでなく他の方が作った文章を見て学ぶことも必要です。文章の作成方法のコツなどがホームページやブログなどアップされていますので、閲覧することによってスキルアップに繋げることができます。

ライティングのスキルをアップさせる

初心者にとっていきなり10,000文字の作成依頼がきても対応は難しいのではないでしょうか。かといって短い文字数の案件ばかりでは報酬が安くなってしまい、いつまでたっても望む収入を得ることができません。また自分の得意分野ばかり案件を待っていても、必ず自分の得意なことばかり依頼が来るとは限りません。ライティングスキルをアップさせて、依頼される件数を増やすことによって収入をアップすることができます。

ふとした情報が活かされることもある

ライティングをするときには、インターネットで検索・情報収集が中心となります。案件によっては情報収集に時間が掛かってしまい文章作成に時間が掛かってしまうこともあります。テレビやインターネットサイトなどふと目にした情報がライティングに活かされることもありますので、情報収集は時間があるときにインターネットのニュースなどをみたり、テレビや雑誌なども目にしておくこともおすすめです。

膨大な情報の中から自分が求めている情報を探しだすコツ

案件のための情報を得るために検索サイトにてキーワード検索を行う膨大な情報がヒットされてしまいます。また情報によっては古いものが検索結果の上位にヒットしてしまう場合もあります。検索ツールの「期間指定」をすることによって最新情報を探すことができます。またツールには「日本語のみのページ」や「検索ワードの完全一致」のみといった検索範囲を狭める方法もあります。

広告募集中